植物原材料のフード

まず、犬の食べるべき主な栄養素が植物というわけではありません。犬が食事の主体とすべきは動物性たんぱく質であり、これが十分でなければ健康を保つことが難しくなります。また同じたんぱく質だからといって、大豆の植物性たんぱく質で補うこともできません。動物由来のたんぱく質であってこそなので、注意しましょう

植物原材料については、メインである動物性たんぱく質のサブとして使われていることが多いです。主には、白米や小麦粉、コーングルテン、全粒小麦などです。動物性たんぱく質より少ないながらも、同等近い分量が配合されていることも少なくありません。では一体、なぜこれら植物原材料は使われているのでしょうか。

そもそも犬は肉食なので、極論でいえば植物は必要ない存在ですらあります。ですが、多くのペットフードには含まれています。理由は、効率的なエネルギー源となるためです。人間が米をはじめとした穀物を好むのと同じく、炭水化物はエネルギーのもととして役立ちます。加えて、同量の肉類と比べて安価という点も忘れてはなりません。つまり、かさ増しの役割も担っているのです。日々安定的に与え続けなければならないペットの食事において、費用面も欠かせないポイントです。栄養面のみならず、そういった面からも重要であるといえるでしょう。