避けるべきフードとは

前述でも紹介した通り、選ぶべきドッグフードは良質な素材をバランス良く配合した製品です。では、避けるべきドッグフードには、どのようなものが挙げられるでしょうか。もちろん、悪質でバランス配分の悪いものといった、良いものの逆がそれにあたるわけですが、より詳しく掘り下げていきます。

例えば、成分表示が明確でないドッグフードです。十分な動物性たんぱく質が含まれていると書かれていても、原材料欄を見ると、ミートミール・肉類・チキンエキスといった、何の肉か正しく記されていないものも少なくありません。特にミートミールは、哺乳類動物の血液や毛・蹄・角・内臓・排泄物などあらゆる部位を混ぜ込んだ不明確な餌です。もちろんペットフードとして販売されているからには、餌として適したものでもあるのですが、安全性が保障されているかといえば、そうとはいいにくいです。できる限り、何の肉のどこの部位かまで明確に記したペットフードの方が望ましいです。

また添加物や発色剤として、植物原材料が使われているものを選ぶようにしましょう。合成酸化防止剤や亜硝酸ナトリウムなどは、酸化防止、発色の効果が期待できても、やはり健康上理想的とはいえません。その点、ローズマリー抽出物、カロテノイドなどが使用されているものはより安心です。

植物原材料のフード

まず、犬の食べるべき主な栄養素が植物というわけではありません。犬が食事の主体とすべきは動物性たんぱく質であり、これが十分でなければ健康を保つことが難しくなります。また同じたんぱく質だからといって、大豆の植物性たんぱく質で補うこともできません。動物由来のたんぱく質であってこそなので、注意しましょう

植物原材料については、メインである動物性たんぱく質のサブとして使われていることが多いです。主には、白米や小麦粉、コーングルテン、全粒小麦などです。動物性たんぱく質より少ないながらも、同等近い分量が配合されていることも少なくありません。では一体、なぜこれら植物原材料は使われているのでしょうか。

そもそも犬は肉食なので、極論でいえば植物は必要ない存在ですらあります。ですが、多くのペットフードには含まれています。理由は、効率的なエネルギー源となるためです。人間が米をはじめとした穀物を好むのと同じく、炭水化物はエネルギーのもととして役立ちます。加えて、同量の肉類と比べて安価という点も忘れてはなりません。つまり、かさ増しの役割も担っているのです。日々安定的に与え続けなければならないペットの食事において、費用面も欠かせないポイントです。栄養面のみならず、そういった面からも重要であるといえるでしょう。

犬のドッグフード傾向

犬は、人間の生活と密接に関係した動物です。猫と同じくペットとして人気の動物であり、屋内で飼う愛犬家も少なくありません。懐きやすく従順で、暮らしのパートナーとして最適に感じられます。それだけに、家族の一員として大事に飼育している家も多いです。そしてその際重要になってくるのが、健康や体作りの基礎となる存在、食事です。飼われているペットは自分で餌を調達できないわけですから、飼い主が責任をもって毎食管理しなくてはなりません。栄養バランスや犬種との相性、分量配分をしっかり考えて、正しく与えるべきです。

そんな中、近年注目を集めているのが、ナチュラル志向のペットフードです。人間同様、やはり犬もまた、自然にない化学物質や添加物を嫌います。体が小さく抵抗力が低い点を踏まえれば、人間以上の注意すら必要になってくるでしょう。こだわればこだわるほど、やはり費用面も負担が大きくなるのが実際のところではあるものの、やはり家族の一員である犬の健康には代えられません。ぜひ、こだわることをおすすめします。

今回特集したのは、ナチュラル志向の素材においてもこだわるべき、植物原材料の含まれるドッグフードです。肉食の犬に与える食事とはいえ、植物原材料を含むものも実は少なくありません。ですが、それも質の悪いものでは意味がありません。良質な植物を配合した、犬が安心して食べられるペットフードを選ぶべきです。ポイントを押さえて、理想的なペットフードを探してみてください。